よりキレイに見せるために!スラリと見える立ち方 | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > よりキレイに見せるために!スラリと見える立ち方

よりキレイに見せるために!スラリと見える立ち方

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

写真を撮るときに、できるだけスラリと見えるように写りたい
と考える人は少なくありません。

実は、ちょっとしたコツで足長効果や小顔効果を
出すことができるようになりますので、
ポーズを指定されるとき以外は実践してみるとよいでしょう。

スラリと見える立ち方は、正面を向くのではなく、
やや斜めを向いて
顔だけをカメラの方に向けるというスタイルです。

これだけで正面からの撮影よりもすっきりして見えますので、
最もきれいな角度を鏡などで調べておくと良いですね。

また、片足を出すとより足長効果がアップします。

小顔に見せるためには、顎は引き気味にしましょう。

下のアングルからの撮影は、足長効果、小顔効果を高めます。

また、頬に手を当てて隠すことで、顔全体を小さく見せたり、
大勢で写るときに一歩下がって写るなど、
スラリとして見える方法はいろいろあります。

写真というのは、ポージングを少し変えるだけで
印象がガラリと変わるものなのでぜひ試してみてくださいね。