写真映えする振袖での立ちポーズと腰掛ポーズ | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 写真映えする振袖での立ちポーズと腰掛ポーズ

写真映えする振袖での立ちポーズと腰掛ポーズ

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

成人式の振袖姿は、一生に一度きりのもの。

少しでも良い状態で写った写真を残しておきたいですよね。

振袖などの和装で撮影をするときには、
立ちポーズ・腰掛ポーズそれぞれで気をつけるべき
ポイントがあります。

まず立ちポーズの場合、
足は少々内股にした状態にし、右足部分に重心を置いて、
左足の膝を軽く曲げた状態で力を抜くことで
自然な状態での撮影が可能になるのです。

右足部分に重心をかける理由は、
全体的に柔らかい雰囲気を出すことが出来るためです。

腰掛ポーズの場合は、背筋を伸ばした状態で
撮影をすることを特に意識してください。

和装というのはやはり凛とした姿が映えるものです。

立ちポーズはもちろん、腰掛ポーズの時も
つい猫背になってしまったということの
ないように気をつけてくださいね。

hatachi-83