写真写りを良くするためのメイクのポイント | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 写真写りを良くするためのメイクのポイント

写真写りを良くするためのメイクのポイント

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

写真では光を反射することもあるので、
実際に相対する時と同じようなメイクでは、
その仕上がりにおいて満足のいく結果とならない場合も多く、
注意が必要です。

いくつかポイントとなる点があるので、
自分でメイクを行うのであればぜひ押さえておきましょう。

まず、色むらが出ないようにマットな仕上がりになる化粧品を使用し、
お肌のトーンを均一に仕上げましょう。

シミや色素沈着がある場合は、
コンシーラーを使うとカバーできますが、
コンシーラーを使用する場合、
いつも以上に綺麗になじませるようにしましょう。

とんとんと指先で叩き込むように乗せ、
その後ファンデーションで境目がわからなくなるように仕上げます。

ラメやパールの入ったものは、
写った時に光を反射して際立たせて見せることができるので、
目の下のくぼみやTゾーンに使うと立体的なお顔に見せられます。

口元を引き締めるためにも、
グロスではなく、口紅をきちんと塗ることもポイントで、
美しく発色するカラーを選択しましょう。

最高の演出技術を誇るスタジオで、
こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ
http://rembrant.jp/