アーティスト写真とプロフィール写真とは違うの? | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > アーティスト写真とプロフィール写真とは違うの?

アーティスト写真とプロフィール写真とは違うの?

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

音楽業界ではミュージシャンのことをアーティストと呼び、
アーティストのプロフィール写真をアーティスト写真と呼びます。

オーディション写真として使われたり、
アーティストの自己PRの宣伝材料として使われます。

アーティスト写真は自由度が高いのが特徴です。

顔写真だけでなく全身でも良く
真正面から撮影する必要も無いので、
動きが感じられるポージングなどの写真の場合もあります。

また、アーティストが歌う曲調によって雰囲気を変えれるので、
写真を通して曲の雰囲気が伝わるような写真が良いと言えます。

プロフィール写真は、アーティストに限らず
様々な職業の人のその人らしさを出して撮ることが出来る写真で、
パンフレットなどに載る写真はなどに当たります。

胸から上の部分を写す場合が多く
角度を付けて写真に奥行きを持たせたり、
照明を当てて顔に陰影を出したりします。

世界観が伝わる写真、感情が伝わる写真、
その人の個性や、他人に良い第一印象を与えられる写真が
良いプロフィール写真と言えます。

最高の演出技術を誇るスタジオで、
こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ
http://rembrant.jp/