10歳若く見える写真の写り方とは? | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 10歳若く見える写真の写り方とは?

10歳若く見える写真の写り方とは?

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

写真に撮られるときは少しでも若く美しくうつりたいものですね。

写りが悪くて実年齢より老けてみえるから写真が苦手という方は、
いくつかのポイントをおさえることで、
見違えるようにきれいに若々しく写ることができます。

●写真を撮る場所に気をくばりましょう。

若々しくみせるには写真に光を多く取り入れることがコツになります。

光は年齢を感じさせるほうれい線やしわなどを飛ばしてくれますので、
年齢より若く見える効果が期待できます。

窓から優しく太陽光が差し込む場所で、
逆光にならないように撮影してみましょう。

●写真を撮るときの姿勢に気をつけてみましょう。

正面から映らないことがポイントになります。

カメラ側の肩と足を45度を目安に前に出すようにすると、
肩幅がほっそりしてすっきりとスリムに美しく写ることができます。

また手や小物を使って軽く添えて顔を隠すと
小顔にうつる効果が期待できます。

一番手軽にできるのが 頬に軽く手を添えたポーズです。
ぜひお試し下さい。

最高の演出技術を誇るスタジオで、
こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ
http://rembrant.jp/