顔の近くに手を置いて小顔に見せましょう! | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 顔の近くに手を置いて小顔に見せましょう!

顔の近くに手を置いて小顔に見せましょう!

写真と言うのは、自分の幸せの瞬間を長く残すことができる、
とても素敵なアイテムです。

そして、撮り方によって写真の出来が大きく変わってくるものです。

良い写真を残すための手の使い方についての注意点をご紹介致します。

写真撮影で重要となってくるポイントの一つです。

ピースサインを一つ入れるだけで、雰囲気が柔らかくなったり、
ガッツポーズを入れるだけで、たくましさが出たりします。

また、女性の場合は小顔に見せてかわいく映りたいですよね。
頬杖やピースなど、顔の近くでポーズをとると良い効果が期待できますよ!

また、人差し指をあごに置くと顔が左右対称に見えるといった、
ちょっとした工夫もあります。

ちなみに、こういった手を使った工夫は、
オードリーヘップバーンの写真でもよく使われているものです。

手の形、位置などを少し変えるだけでも
かなり印象は変わってくるものです。