綺麗に見えるカメラの角度とは | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 綺麗に見えるカメラの角度とは

綺麗に見えるカメラの角度とは

実際に見るととても美しい人でも、
写真に写すと綺麗にうつることが出来ない場合があります。

カメラの角度に対しての立ち方に原因があるかもしれません。

まずはレンズに対して斜めに立つと
スラッとしてうつることが出来るようになりますし、
足を長く見せたい場合には
下から撮影をするようにしておくといいでしょう。

そうすれば、
実物よりもスタイルよく撮影することが出来るようになるのです。

そして、顔は正面ではなく45度から撮影することで
より美しく撮影することが出来ますし、
強調したい部分にピントを当てるというのもポイントです。

写真を上手く撮影できなかった人でも、
ほんの少しポイントを押さえておくことによって、
まったく違う写真を撮影することが出来るようになります。

ポイントさえ押さえておけば写真撮影も怖くありませんので、
撮影する側も撮影される側もポイントを意識して
撮影するようにしてみるといいでしょう。