照明と写真の関係について | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 照明と写真の関係について

照明と写真の関係について

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

写真撮影を行うときに、反射板を使って光を対象物に集めるので、まぶしくて思わず瞬きをしてしまう方も多くなります。

しかしこの方法は、光の反射が美白に見える秘訣で、スタジオ撮影やロケーション撮影で使われてきました。

多方面から光を当てることで、顔の小じわなどの影が少なくなり、表情が全体的に明るく見えるので、写真に美しくうつることができます。

そのためウェディングフォトや成人式などの記念写真をスタジオで撮影する際に照明は欠かせません。

また、デジカメやスマートフォンのカメラを使って人物を撮影するときは、日常生活でも白いものを下に置くことで、顔が美白に見えて皺も目立たずに美しく撮影することができます。

白いハンカチやノートのようなものを置くだけでも、写真の写り方が格段によくなるのです。

また、視線をカメラレンズに向けずに少しずらすことで、顔の角度が美しくうつることになって、魅力的な写真を撮影することができます。