ウェディングドレスのシルエットの種類 | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > ウェディングドレスのシルエットの種類

ウェディングドレスのシルエットの種類

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

 

花嫁を彩るためのウェディングドレスには、様々な種類があります。

プリンセスラインは、上半身をタイトにし、
スカートにふんわりとしたボリュームを持たせたもので、
パニエの量でスカートのボリュームを調節するため、
体型を選ばず誰にも似合うラインになります。

マーメイドラインは、身体に沿ったスレンダーなシルエットで、
ひざ下から下に向かってスカートが広がり人魚のようになるデザインで、
ウエスト周りがフィットされ、くびれを強調して女性らしいラインです。

スレンダーラインは、タイトなドレスで、
長身の人に似合う大人っぽいイメージのドレスです。
ロングベールやトレーンで、華やかなアレンジを加えるとさらに素敵になります。

Aラインは、裾に向かって直線的に広がるデザインで、
シックにも可愛くも着こなしやすく、ボトムに重心が集まるため
バランスが良く、どんな方にもお似合いになるラインです。

ウェディングドレスを選ぶ場合には、
シーンや体型に合ったものを選ぶことが大切となります。

デザインはたくさんあるため、
花嫁自身が似合うドレスを選ぶことが重要です。

 

最高の演出技術を誇るスタジオで、 こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ http://rembrant.jp/