写真撮影における目線の重要性 | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 写真撮影における目線の重要性

写真撮影における目線の重要性

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

 

現在はカメラだけでなく、 スマートフォンなど簡単で気軽に写真を撮る機会が増えていますが、 写真を撮られることが苦手という人もいらっしゃいます。

 

そういった方は写真写りが悪く綺麗に撮れないという悩みを抱えている方がほとんどです。 しかし、写真は一生残る思い出の品物です。 どうせ取るならばなるべく綺麗に写りたいですよね。

 

後から写真を見てがっかりするという人も多いですが、 カメラで撮影した場合と実際のイメージが違うという人は いくつかのポイントを気をつけると 写真写りが良くなり綺麗に見えるようになります。

 

特に目線は重要です。 目力が強い方は、その目力が写真にも顕著にあらわれます。 よって、気をつけなければ睨んでいるような写真になってしまうこともあります。 レンズの奥を見るような感覚で写してもらうと、カメラがないような自然さになり、目元を綺麗に写すことができます。

 

また、目線を伏せることはおとなしさの象徴です。 おとなしく見られたい場合は少し目線を下に移動させましょう。 これらのポイントを実行することで、今までの写真写りとは違った印象を与えます。

 

婚礼和装-白木エリア

最高の演出技術を誇るスタジオで、 こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ

http://rembrant.jp/