写真写りを良くするメイクのコツ | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 写真写りを良くするメイクのコツ

写真写りを良くするメイクのコツ

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

 

写真写りを良くするにはどうしたらいいか、と誰しも考えることと思います。

プロのメイクさんでなくても、簡単にできる写真写りがよくなるメイクのコツを説明しますので、実践してみてください。

ベースメイクは、マットな仕上がりになる化粧品を使って仕上げましょう。
ファンデーションや化粧下地は、極力ツヤが出るタイプを避けてください。

鼻やおでこがテカってしまい、写真写りが悪くなる場合があります。
急ぎの時は、マットタイプのおしろいを、脂浮きしそうな所に叩き込むだけでも効果が見込めます。

また、メイクは自然光の下でするようにしましょう。
メイクが濃くなりすぎたり、白浮きしたりして首から浮くような事態を避けられます。

肌の色ムラをなくすために、コンシーラーをいつも以上にキレイに馴染ませてください。
目周りのくすみやクマは、肌より気持ち明るい色で馴染ませましょう。

シミは、練りタイプのものを厚めに付け、周りを軽くぼかすと自然に写ります。

口紅は、肌に馴染むリップライナーで輪郭を取ってから馴染ませ、リップブラシで丁寧にしっかりと塗りましょう。
口角のくすみが目立たなくなり、若々しい印象になります。

最高の演出技術を誇るスタジオで、
こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ
http://rembrant.jp/