いい笑顔と損な笑顔とは? | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > いい笑顔と損な笑顔とは?

いい笑顔と損な笑顔とは?

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

写真を撮る時には、より良い状態で写りたいものですが、ウェディングなどの大事な場面の場合には、特に写真写りに気を付けて撮影に臨みたいものです。

状態を整える方法には色々とありますが、大事なのはやはり表情です。
いい笑顔で写ることができると、幸せを感じている気持ちが写真を通して伝わってきます。

とは言え、頭では分かっていても、なかなかいい笑顔で撮ることができない場合もあります。

そこで、まずはいい笑顔と損な笑顔と言うのがどういうものなのかを把握しておくことが大切になってきます。

顔にできてしまったクセと言うのは、なかなか取り払えないものです。
そのクセを見極め、改善するためには、鏡の前で自分の笑顔を見てみるとよいでしょう。

自分の顔を客観的に見てみると、どういった部分が損なのかがわかることがあります。
上の歯だけ見えている、ですとか、目をつぶりがちな表情になっているなど、損な笑顔がわかれば気をつけやすくなります。

逆に、いい笑顔と言うのは、頬が上がっていると言うものです。
そして、左右均等で歪みがないと言うのも大切なポイントです。
そういった笑顔ができている場合には、そのままでも問題ないと言えるでしょう。

最高の演出技術を誇るスタジオで、
こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ
http://rembrant.jp/