和装にも種類があります〜白無垢編〜 | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 和装にも種類があります〜白無垢編〜

和装にも種類があります〜白無垢編〜

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

日本女性を美しく見せてくれる和装には、様々な種類があります。

花嫁が挙式の時だけに許されるのが「白無垢」です。

日本では古来から白は神聖な色として用いられてきたため、現在も和装の婚礼衣装の中でもっとも格式が高いとされています。

白無垢は武家の家に嫁ぐときに着る花嫁の衣装だったものが、一般社会にも広がるようになりました。

清純無垢を示す白は、嫁ぎ先の家風に染まるという意味合いを持っているため、打掛から掛下、帯などの小物類含めて全てが「白」で統一されているのが特徴です。

打掛や掛下と白に統一させることで、いろうつりがせずに、純白の白を表現することができます。

そして白無垢には角隠しか綿帽子をつけるのが一般的で、花嫁の無垢で純真な美しさを示すものになっています。

神聖な白で身体をくるむことは、邪気を払い神聖な儀式に臨むためには必要なことになっています。

白無垢といっても無地ではなく、お祝いの意味を込めた、鶴や鳳凰、松竹梅などが柄になっています。

おめでたい意味が柄の1つ1つに込められているので、結婚式のときには最適です。

最高の演出技術を誇るスタジオで、
こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ
http://rembrant.jp/