写真写りを良くする立ち方 | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 写真写りを良くする立ち方

写真写りを良くする立ち方

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

 

美しい立ち姿で写真を撮れば、
とても洗練された雰囲気の持つ、素敵な一枚になります。

写真写りを良くするためには、直立するのではなく、
脚を前後に交差し、重心は後ろ足に乗せるようにします。

背筋を伸ばして、腰を少し前に出すイメージで立つと、
綺麗な姿勢が保てるので、写真写りが良くなります。

さらにもう一工夫加えて、
カメラの正面に立つのではなく
全身をスラリと見せる角度を意識することがポイントです。

人それぞれ綺麗に見える角度は違うので、
あらかじめ姿見などの全身が映る鏡を使って、
お気に入りの角度を探しておきましょう。

脚がきれいに見える角度、スタイルが良く見える角度など、
色々な視点からきれいに撮れる角度を探しておくと、
魅力をさらに際立たせられる写真に仕上がります。

両手をそのまま下げて撮るのは
胴長に見えてしまうこともあるので、
女優さんやセレブなどがよくやっているように、
手を腰のくびれ部分に添えてみると
ウエストが強調されて、女性らしさが引き立ちます。

 

_DSC0958r

 

最高の演出技術を誇るスタジオで、 こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ http://rembrant.jp/