プロのカメラマンのテクニック | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > プロのカメラマンのテクニック

プロのカメラマンのテクニック


こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

今回はプロのカメラマンにおける人物撮影のテクニックについてご紹介します。

焦点を合わせる場合今回は人が中心になりますが、
背景をぼやかしてみると臨場感がある写真となります。

人物を撮影する時には光を上手につかまえることが必要です
なので、逆光を使うことが大事となります。
真上からではなく、斜め上後方からの光線を使うといいでしょう。

季節によって撮影する時間帯を選ぶことも大事です。
また、日本人は髪が黒く、順光で撮るとどうしても重くなりがちですが、逆光で撮ると頭の周りにハイライトが入って、黒髪がぐっと生きてきます。
さらに暗めの背景を選べば、人物が引き立って美しく撮ることができます。

また明るい場所では逆光で撮影するとどうしても顔が暗くなりがちですよね。
そういうときには反射板またはレフ板を使いましょう。

反射板で太陽光を反射させ、モデルさんの影になってしまった部分に当ててあげます。
そうすると表情が明るくなりますし、反射光で直射ではないので、免許証などでありがちな、顔に強い影ができるということはありません。

こういった方法を用いて美しい写真が出来上がるのですね。

1150216_1720201618254347_7826339581263288040_n

最高の演出技術を誇るスタジオで、
こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ
http://rembrant.jp/