結婚式の写真が、夫婦としての自覚を促します | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 結婚式の写真が、夫婦としての自覚を促します

結婚式の写真が、夫婦としての自覚を促します

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

最近では結婚式を行う方が減ってきている傾向にあります。

それは、費用がかかりすぎることや忙しくて準備をする時間が無いこと、ゲストを呼ぶことに対する負担がおおきいこと、すでにお腹の中にお子様がいらっしゃるケースが増えている事、晩婚化が進み、人前で中年がドレス姿になることに抵抗があるかたも多いなど様々な理由があります。

しかし、実際結婚式を行わないカップルも写真撮影だけは行う傾向が強く、フォトウエディングとして注目されています。

写真を残す理由としては、やはりドレスや白無垢など結婚衣装に対するあこがれをもつ新婦、またはその姿を見たいという親御さんが多い事が一番の理由となります。

また、写真をとることで「私たちは結婚したんだ」という自覚を持ち、婚姻届を出すこと以上に、恋人同士であることから責任の発生する夫婦へと進むけじめをつけるきっかけにもなります。

こうして撮影した結婚写真はせめて結婚して最初の3年間は視界に入りやすいところに置くことで、いつまでも初心を忘れない素敵な夫婦でいられるポイントとなります。

 

wedding-43

最高の演出技術を誇るスタジオで、
こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ
http://rembrant.jp/