洋服の違いで写真写りが変わる? | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > その他撮影 > 洋服の違いで写真写りが変わる?

洋服の違いで写真写りが変わる?

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

写真を撮影する時には、
顔周りを明るくすることが良い写真を撮るポイントになります。

撮影をする時には、レフ板という光を反射させて
被写体を綺麗に写し出す道具を使います。

洋服は明るい色の方が、レフ板効果で光を反射して
顔が華やかに映るため、いきいきとした写真を撮りたい時には、
明るめの洋服を着るのがおすすめです。

暗い色の服を着る時は、
明るい色のストールを巻いたりするなど
顔周りを明るくする工夫をすると、洋服の影響を受けずに撮影できます。

また、洋服は首が詰まったデザインよりも、
首元はすっきりとあいている方が、全体のスタイル良く見えるので、
洋服でスタイルアップをしたい時は、
首元の開いている物を選ぶようにします。

普段から何となく写真写りに不満を感じている人は、
撮影時のファッションを変えてみると、
今までとは、ひと味違った写真が撮影できるかもしれません。

良い写真を撮ろうとして極度に緊張してしまうと、
反対に写りが悪くなってしまうので、
写真を撮り慣れておくことも、自然で素敵な写真が撮影できるコツです。

ご夫婦の記念日に

 

最高の演出技術を誇るスタジオで、 こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ http://rembrant.jp/