ブログ | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】 - Part 58

HOME > BLOGブログ

2015年01月28日

よりキレイに見せるために!スラリと見える立ち方

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

写真を撮るときに、できるだけスラリと見えるように写りたい
と考える人は少なくありません。

実は、ちょっとしたコツで足長効果や小顔効果を
出すことができるようになりますので、
ポーズを指定されるとき以外は実践してみるとよいでしょう。

スラリと見える立ち方は、正面を向くのではなく、
やや斜めを向いて
顔だけをカメラの方に向けるというスタイルです。

これだけで正面からの撮影よりもすっきりして見えますので、
最もきれいな角度を鏡などで調べておくと良いですね。

また、片足を出すとより足長効果がアップします。

小顔に見せるためには、顎は引き気味にしましょう。

下のアングルからの撮影は、足長効果、小顔効果を高めます。

また、頬に手を当てて隠すことで、顔全体を小さく見せたり、
大勢で写るときに一歩下がって写るなど、
スラリとして見える方法はいろいろあります。

写真というのは、ポージングを少し変えるだけで
印象がガラリと変わるものなのでぜひ試してみてくださいね。

2015年01月24日

様々なシチュエーションのスタジオで最高の記念写真を残しませんか?

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

当スタジオは様々に工夫を凝らした、まるで映画のセットのような
様々なシチュエーションが用意されているのが特徴です。

白を基調にしたまるで宮殿のようなフロア 「White(2F)」
アンティークな本棚のある豪華な書斎、大木のある森エリアなど多彩なフロア 「Retro(3F)」

白を基調にしたフロア「White(2F)」には
石畳調の床にギリシャ柱、豪華な家具やシャンデリアが配置され、
中はまるで中世のヨーロッパの宮殿のようです。
ウエディングの撮影に使えそうな教会風の祭壇や、バラのアーチを配した中庭エリアも御座います。

白の宮殿

また、アンティークなイメージのフロア「Retro(3F)」は
西欧の洋館イメージと廃墟イメージを融合させた空間となっており、
洋風の大きな本棚、アンティークな家具を配した書斎
レンガ壁の路地、クールなイメージに撮影出来る廃墟階段
自然光が差し込み、とても美しい写真がとれる白廃墟
大木が生えている森エリア等、
多彩なシチュエーションがセッティングされています。

豪華な洋風の書斎

今までの写真館とは違い、
当スタジオでは様々にセッティングされたシチュエーションの中から
お好きな場所を自由に選んで頂き、
お客様のお望みのシーンを撮影することが出来るんです!

「そんなにいっぱいあったら迷ってしまうかも…」

という方も大丈夫です。

様々な撮影見本が御座いますので、
その中からご自分のイメージに合ったものをお選び頂いたり、
スタッフがベストな場所をご案内させて頂きます。

TVドラマやCMにも使われた本格的なセットの中で、
有名人やお姫様になったかの気分で、
まるで違う世界に旅しているかのような。。
そんな素敵な感覚を味わいながら
撮影を楽しんでくださいね。

2015年01月23日

自分のイメージ通りのマタニティ写真をとるためには

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

子供を出産すると、子供の写真を撮影する人は多いものですが、
お母さんのお腹の中にいる写真と言うのは
マタニティ写真と呼ばれており、
子供を出産する前に撮影を行う事です。

お母さんのお腹の中に自分がいたことの証や、
どれだけ大きいお腹だったのかなど
思い出として残される方が多くいらっしゃいます。

そんなマタニティ写真を
出来るだけ自分のイメージ通りに撮影するためには、
大事なポイントがあります。

まずは、自分自身で思い浮かべている写真の
イメージを要点にまとめましょう。

特に服装はどういったもので撮影するのか、
人数は何人で撮影するのかといったことは
しっかり決めておいたほうがいいですね。

お腹を出した服装の方もいれば、
お腹の大きさが分かりやすい服を着て
撮影される方もいらっしゃいます。

また、既に生まれていらっしゃるお子様や
旦那様と一緒に写ることを希望される方も。

当店でも確かな技術と豊富な経験を持ったスタッフが、
お客様の要望を叶えるために全力で撮影させていただきます。

些細なことでも、
ご希望がございましたらお気軽にお伝え下さいね。

2015年01月17日

マタニティ写真を残すメリットとは

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

マタニティ写真を残すメリットというのは、
何時までも子どもができた時の喜びを思い出として、
残しておくことが出来るというところにあります。

もちろん、実際に子どもが生まれてきた時の喜び
の方が何十倍も強いものかとは思いますが
その前に子どもができた時の喜びというものを
何時までも忘れないように残しておきたいものです。

大切な思いを何時までも色あせないように、
写真として残しておくというのは
非常に価値のあることだと思いませんか?

大切な出来事というのは何時までも
深く記憶に刻み込まれているものですが、
写真という方法で実際に目に見える形として残しておけば、
後で見返したときにその時の気持ちというのが
鮮明によみがえって、あの時はこのような気持ちだったのか
と思い返すことができます。

お子様が大きくなられた時、この写真を見ながら
「あなたが生まれて来てくれるのを、みんな、こんなに楽しみにしてたんだよ」
って言ってあげてほしいなぁと思います☆

お腹の中に生命が宿るという奇跡のような時
お子様にとっても、お母様にとっても、一生で一度しかないその時を
ぜひ写真という形にして残しておきませんか?

当スタジオではマタニティ撮影用の可愛らしいオリジナル衣装もご用意しております。
お気軽にお問い合せ下さいませ。

maternity01

マタニティフォト

2015年01月13日

京都でこだわりのウェディング写真を撮れるスタジオをお探しの方は

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

レンブラントでは成人式の記念撮影、卒業式の記念撮影、
家族の集合写真など様々な撮影を承っており、
中でもウェディング写真にはドレス一着プランや
ドレス2着プランなど、
いくつかの撮影プランをご用意しています。

写真撮影と言うと、数枚の撮影を簡単に行う事で
終了と言ったケースが多いものですが、
レンブラントではたっぷりと時間をかけて
お客様にご満足頂ける写真撮影を心がけております。

例えば、ウェディングプランの
ドレス一着プランなどの場合ですと、
新婦と新郎はそれぞれ1着の衣装を選び、
そのお衣裳で150枚以上の撮影を致します。

記念写真に強いこだわりのある方は
ぜひ一度当店にご相談下さいませ。

2015年01月12日

影の色は、空の色

こんにちは^^
京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

今日は「光と影」についてのお話を少し

日中、屋外にいる時、主な光源は「太陽」となります。

太陽の下に物を置くと、
地面には「影」が出来ます。

この影の部分は、太陽の光が遮られてできているため
太陽の光は届いていません。

しかし実はもうひとつ、屋外では光源があるのです。

それが「空」です。

日中、空は全体的に明るいですよね?
太陽ほどの光量はありませんが、空も全体的に光っているんです。

晴れている時は青く
曇っている時でもグレー(白)に
光っています。

影の部分は太陽の光が届いていませんから、
その「空の光の色」を純粋に浴びている事になるんです。

なので
「影の色は空の色」
になります。

特に雪景色の写真では
白い雪に落ちた影の部分が
そっくりそのまま「空の色」を反映しているので、
その違いが一目瞭然となります。

「どんな光が当たっているか」
は写真の雰囲気を決める、とても重要な事なんです。

当スタジオでは様々な照明機材を巧みに使い、
緻密に計算されたライティング(照明)技術を駆使して
スタジオで内で様々な雰囲気の写真を撮影しています^^

byoudouin_yuki

 

こちらの写真、手前の雪面に落ちている影の部分を見て頂くと
空の色と全く同じ色になっているのがわかるかと思います。
わかりづらい時は、目を細めて全体を眺めて頂くと色が見えやすくなります。
※軒下部分やお堂内部は太陽の光も空の光も届いていないため、黒い影となっています。

この写真はどんな光が当たっていて
それがどんな効果でこの雰囲気が表現されたのか

皆さんもそれをちょっと意識してぜひ色んな写真をご覧になってみてくださいね。
ご自分で撮影される際のヒントなど色々な発見があると思いますよ^^

雪の平等院で撮影したその他の写真はこちら

2015年01月08日

写真のサイズはご存知ですか?

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

デジタルカメラやプリンターが普及した今、
写真屋さんに行って撮った写真を現像してもらうといった機会が
減った人は多いのではないでしょうか。

そうすると、あまり写真の用語を耳にすることもなく、
成人式や結婚式の際にスタジオに行って写真撮影を行い
写真を選ぶ時に出てくるサイズの用語が分からないという方も
おられることでしょう。

もちろん、見本などを見せてもらうことは出来ると思いますが、
どれぐらいのサイズなのか、知っておいて損はありません。

そこで今回は主な写真のサイズ用語をご紹介したいと思います。

まずL版。

これは、サービス版などとも呼ばれ、
約9cm×13cmの一般的なスナップ写真のサイズです。

市販のアルバムに収まるサイズですね。

次に2L版。

こちらは約13cm×18cmでL版を2枚並べたサイズになります。

最後に六つ切りと四つ切りというサイズがあります。

六つ切りはL版の写真を4枚並べたよりも少し大きいサイズ。

四つ切りはL版の写真を6枚並べたよりも少し小さいサイズです。

ちなみにこの「六切り」「四切り」というのは、どこから来ているかと言いますと
大全紙(508X610mm)というサイズの紙があり、それを
4つに切ったのが四切りサイズ(254X305mm)
6つに切ったのが六切りサイズ(203X254mm)
となっているんです^^

普段はあまり使わないかもしれませんが、
よろしければぜひ覚えておいてくださいね。

2015年01月06日

全天候型だからこそ出来る撮影があります

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

皆さんは、スタジオ撮影・ロケーション撮影
という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

スタジオ写真というのは、撮影専用スタジオで撮影を行うことです。

スタジオ撮影のメリットは、設備が整っていますから、
完璧なライティングで撮影を行うことができることです。

屋内ですから、慌てることなくゆっくりと
時間をかけて行うことが出来るのもメリットの一つですね。

ロケーション撮影は、そういったスタジオ内ではなく
公園や海辺など、好きな場所を使用して
撮影を行うことを指します。

主に屋外が多く、デートで訪れたスポットで
撮影すると言ったケースも。

しかしロケーション撮影の場合、
天候や状況に左右されますので、いろいろな事を
気にしなくてはいけません。

例えば、夕陽をバックに撮りたいという場合には、
陽が沈む前に撮りきらなくてはなりません。

また、悪天候により撮影が中止になることも…><;

全天候型の当スタジオでは、悪天候のせいで
予定が狂ってしまうという心配はありません!

また、多様なロケーションと高等なライティング技術で、
まるで屋外で撮影したかのようなお写真を撮る事が出来ます。

結婚式の準備やお仕事で忙しい…
でもロケーションにもこだわった写真が欲しい!!

というお客様にぴったりのスタジオとなっております☆
ぜひ当スタジオで素敵な写真撮影をお楽しみくださいませ^^

wedding-11 wedding-20

2015年01月05日

平等院へ撮影に行って参りました。

こんにちは^^
京都の豪華写真館 スタジオレンブラントの渡部です。

新年から京都では何十年ぶりという記録的な大雪が降りました。
市内で10センチ以上積もるのは、私も初の体験です。

実は2日に積もった際にも計画していたのですが、寒さと眠気に断念…
しかしニュースで「58年ぶり!」という数字を見て、
「なんてもったいない事をしてしまったんだ…!!」と後悔するハメに…><;;
しかし2日夕方からまた積もり始めましたので、

「これは行くしかない!!」

と、3日早朝より撮影に行って参りました^^

開門直後ということもあり、人は少なく穴場の予感が…!
(この日の金閣寺は開門前から行列が出来ていたそうです^^;)

こちらの平等院、昨年に改修工事が終了し、一層美しく生まれ変わりました。
シンボルの鳳凰にも雪が…!

byoudouin_yuki_1 byoudouin_yuki_2

こちらは裏側からの一枚。
かなりの積雪量だった事が写真からも分かると思います。

byoudouin_yuki_3

最後に、渾身の一枚をペタリ☆

byoudouin_yuki_4

平等院が在る宇治市は、京都の中でも南に位置しているため、積雪自体が大変珍しい事です。
お天気にも恵まれ、新年の撮り初めでこんなに素敵なチャンスに恵まれた事に感謝感謝です^^

本年も皆様の素晴らしいお写真を撮影出来る様、精進して参りますので
どうぞよろしくお願い致します!!

カメラアシスタント
渡部 和代

2015年01月04日

ウェディング写真から商業写真までレンブラントにお任せください

新年あけましておめでとうございます。
京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。
今年の1月からオープンし、写真館としてのサービスを始めさせて頂きます。

京都やその周辺地域にお住まいになっている方で
人生の大切な瞬間を最高の形で残したいとお考えの方は
ぜひ当スタジオにご相談ください。

スタジオレンブラントではさまざまなタイプの写真を
撮影することができるように、
スタジオ内にはとても広い空間が用意されており、スタジオ面積では京都で最大級となります。

一生の記念として残るウエディング写真や
商業写真なども撮影できるように、
館内はテーマパークさながらのセットを多数ご用意しております。

当スタジオの館内ではコマーシャルやテレビドラマ、
雑誌の広告などのためにも使用されることもありますので、
安心して撮影を任せていただけます。

また撮影場所やセットの豊富さだけではなく、
撮影をするカメラマンが確かな技術を持っていることも
当スタジオの強みです。

当スタジオでは映画のワンシーンのような
美しさにあふれた写真を撮影することを得意にしています。
オランダの画家「レンブラント」が光の魔術師と呼ばれたように、
当スタジオもライティングを重視し、絵画の様に印象深い写真を目指しています。

人生の記念にいつまでも美しい姿をできるだけ美しい形で
残しておきたいという方は、ぜひ当スタジオにお任せください。

あなたの人生で最高の一枚を撮影いたします。

greeting