子供の成長を感じられる入学・入園の記念写真 | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

子供の成長を感じられる入学・入園の記念写真

子供の成長を感じられる入学・入園の記念写真

入園・入学の記念写真を残す意味

撮っていればよかったな・・・悩んでも後の祭りです・・・・子どもの成長を実感する節目の一つに、入学があります。
卒業も同じように子どもの成長を実感する節目の行事ではありますが、卒業は思い出を残すためであるのに対し、入学・入園は新たな門出という意味合いが強いように思われます。
特に入園は子どもが社会に出る第一歩であり、人生において初めての大きな行事であるともいえるでしょう。
これからたくさんの物事を学んでいくであろう子どもの初めの一歩。
そのような大切な日に残した写真は、今後の成長を見守る上でも重要な意味を持つ一枚になります。
子どもの成長は早いものです。
後になってから「撮っておけばよかった」と後悔しても、数か月違うだけで全く違う表情を見せるようになったりもします。
入学・入園の記念写真を飾れば、成長した子どもの現在の姿と照らし合わせて感慨深くなることでしょう。

 

入学・入園の服はどうすれば良い?

制服があるような幼稚園や小学校の場合は、一枚は制服の写真を撮っておきたいところです。
小学生は身体の成長も早く、入学したときに買った制服を卒業する時まで着続けられる子どもはまずいません。
新品の制服は子どものワクワク感も醸し出し、生き生きとした写真となることでしょう。
制服がない場合は、普段着ないような少し高級な服を着せてあげてください。
服が変わるだけで子どもでも「いつもと違う」という雰囲気を感じるには十分であり、ピシっと背筋が伸びた大人びた写真が撮れるかもしれません。
また、小学生にはピカピカのランドセルも欠かせないアイテムです。
これから6年という長い月日を共にする相棒と一緒の写真は、子どもの成長ぶりを比較対象するのに絶好の一枚ではないでしょうか。

入学式の記念撮影を撮るには欠かせない必須アイテム!!

撮影時に気を付けておきたいポイント

入学・入園の記念写真の主役は子どもです。
子どもにとってベストなコンディションを整えてあげることを心がけましょう。
入学記念の撮影の場合は入園と比べて少しだけ年齢が高い分、ある程度子ども自身とコミュニケーションを図ることは可能ですが、幼稚園入園前のお子さんは難しいこともあります。
カメラの前でもいつもの笑顔を見せて欲しいですから、子どもの好きなおやつやおもちゃを持っていくと良いでしょう。
また、撮影直前まで寝てしまうと良い表情が撮れませんので、睡眠時間を調整しておくこともポイントです。
入学・入園だけでなく、卒園・卒業と子どもの成長に合わせた写真撮影は是非続けたいものですから、子どもにとって写真を撮る場所は楽しい場所だと思わせてあげることが大切です。
子どもの成長は写真そのものの他に、写真を撮影する過程でも感じられるものなのです。
幼稚園入園から大学卒業まで同じ写真スタジオを利用すれば、より強く実感することもできます。
入学・入園の写真は、是非スタジオレンブラントをご検討下さい。

入園式、入学式思い出の一コマをスタジオレンブラントで