インパクトのある宣材写真で注目を集める | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

インパクトのある宣材写真で注目を集める

インパクトのある宣材写真で注目を集める

インパクトのある宣材写真で注目を集める

宣材写真の意味を考える

宣材写真とは「宣伝」する「材料」となる「写真」のこと。
つまり、撮影されたその人物を宣伝するためのものです。
芸能事務所などが所属しているタレントを売り込む際に用いられ、単純なプロフィール写真とは意味合いが全く違うと言えるでしょう。
タレントやモデルなどは自らが商品となるわけですから、宣材写真のクオリティとインパクトは非常に重大であり、
宣材写真の良し悪しは仕事が取れるか取れないかに大きく関わってきます。
宣材写真の最終目的は、クライアントに買ってもらうことです。
そのためにも、撮影するスタジオは吟味して選びましょう。
もしスタジオ選びにこまったら私たちにご相談下さい。

宣材写真は売り込み先を見極めて撮る

イベントや季節に合わせたインパクトのある宣材写真宣材写真は自身を売り込むために撮影されるものという点においてどれも違いはありません。
その中でも、大きく分けて2つの傾向が見えます。
いつでも使い回しができる写真と、取りたい仕事に合わせた写真の2パターンです。

前者は、その人がどのような姿でどのようなイメージなのかがわかる客観的な写真です。
背景や衣装を作り込んだり、撮影時にいつもとは違う表情をしたりせずに、ありのままを写した写真とも言えるでしょう。
使い回しと言うとあまり良い印象がないかもしれませんが、不変的な自分を表現した写真はとても重要です。
ですから、顔がわかればいい、スタイルがわかればいい、というものでは決してありません。
使い回しが効くということは逆に言えばその写真はその人の良いところを十分に写し出している写真でなければいけないのです。
だからこそ、ハイクオリティが求められるのです。

一方後者は、特定のニーズに沿った写真です。
宣材写真で選考されるような仕事の場合は前者の使い回せる写真だけでは対応しきれない場合があります。
そこで、選考される際に有利に働くような、イメージを作りこんだ写真を宣材写真として使用するわけです。
クールなイメージを求められているのならシンプルでカッコいい写真を、優しく和やかなイメージを求められているなら可愛らしい写真を、といった具合に、見せたいイメージを固定させるのです。
勝負写真とも言えるでしょう。
このような宣材写真の場合、単純にその人の美しさを表現するだけでは不十分です。
同じ選考にかかるライバルもまた美しい容姿であることは確実ですから、それを上回る+αがなければならないのです。
そこで大切になってくるのが、宣材写真のインパクトです。
宣材写真でインパクトが与えられれば、選考時に有利に働くことは確実でしょう。
スタジオレンブラントは、ドラマの撮影にも使用されるほど作りこまれたセットがすでに用意されています。
それぞれ作りたいイメージに合ったセットを選べば、その時点ですでにライバルに差をつけることができるでしょう。
そのためにも、写真は是非プロである私たちにご相談下さい。
ご相談はこちら