オーディション応募写真のポイント | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

オーディション応募写真のポイント

オーディション応募写真のポイント

芸能事務所に入るときに必須の
オーディション写真

芸能界を目指している人は数多くいますが、多くの場合、芸能事務所の主催するオーディションなどによって芸能界へ入ることになります。
最近ではネットアイドルなどインターネットを介して人気を経てから芸能事務所へアプローチする場合もありますが、いずれにしても書類は事務所に提出する必要があります。
そこで必要となってくるのが、オーディション写真です。
審査員はたくさんの応募書類に目を通すことになりますから、オーディション写真の写りが悪ければどんなにいいことが書いてあったとしても一発ではじかれてしまう可能性が高くなります。
俳優やモデルを目指している人はスタイルや顔なども選考基準となりますが、容姿の良し悪しと写真の写りの良さとは別と考えてください。
お笑い芸人や声優を目指す人でも、自分を相手に印象付けるために写真の写り方には気を付けるべきなのです。

オーディション写真を撮る際のポイント

芸能事務所に入るときに必須のオーディション写真まず、基本的なオーディション写真はバストアップと全身の2パターン撮ることが多いです。
バストアップ写真は髪が顔にかからないようにしましょう。顔が見えない写真は論外です。
女性は笑顔が良しとされますが、笑顔を作るのが苦手な人は無理に笑うほうが不自然で印象が悪くなってしまいます。
その場合は軽く口角を上げる程度にとどめておくと良いでしょう。
男性は自分をどのように売っていきたいかにもよりますが、アイドル路線でいく場合を除けば笑顔である必要はないと思われます。
きりっとして男らしい写り方のほうが好まれるでしょう。
全身写真はまず体型がわかりやすい服装を選ぶことが大切です。
体型を隠したい人もいるかもしれませんが、写真で見てわかりにくいと衣装のイメージがしにくいため逆効果になってしまいます。
また、背景は基本的に白バックが良しとされています。
芸能界の仕事は多種多様ですので、白バックのほうが審査員に様々な仕事をしている状況を想像させやすくなります。

目指す職業によってポイントは違う?

オーディション写真を撮影するときのポイントとして見逃せないのは、どんな事務所に入るかということ。
俳優やタレントなど総合的な芸能事務所と、声優やモデル、子役など専門の芸能事務所では評価基準が全く違ってきます。
また、アイドルを多く輩出している事務所と個性派俳優を多く輩出している事務所でも何に着眼するかは変わってくるでしょう。
オーディション写真を撮影する際には、自分がどの事務所に応募するのか、どんな路線で活躍したいかを十分に考え、撮影前にカメラマンに伝えてください。
目指す職業によってポイントは違う?応募先の求める人物像をイメージすることは外せないポイントの一つです。
スタジオレンブラントなら腕の良いカメラマンがあなたの個性と魅力を引き出し、合格に繋がる一枚を生み出すお手伝いをします。