紙婚式の記念に素敵な写真を残そう | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

紙婚式の記念に素敵な写真を残そう

紙婚式の記念に素敵な写真を残そう

結婚1周年も、大切な記念日

紙婚式とは?紙婚式は、結婚1年目のことを祝う式で、「白紙のような二人の将来の幸せを願う」という意味が込められています。紙の様に真っ白な、夫婦としての初めての記念日です。

金婚式や銀婚式は有名ですが、紙婚式はあまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか?
紙婚式は、結婚1年目を祝う式。
まだ何も描かれていない白紙である二人の将来に対して安泰を願うといった意味があります。
紙婚式には名前にちなんで「紙」をモチーフにしたプレゼントが贈られることが多いようです。
紙をモチーフにするというと難しそうですが、レターセットや日記帳といった普段使いできる紙製品だけでなく、紙製のブーケやケーキなど、紙であれば何でもいいので意外とバラティに富んだプレゼントも可能です。
そして、写真は紙婚式のプレゼントの王道の一つ。
写真は紙に印刷されるものですから、これ以上ないくらい紙婚式にぴったりと言えるでしょう。
紙婚式のプレゼントは夫から妻へ、妻から夫へが普通ですから、夫婦そろって写真を撮るというと少し違うように感じられる人も中にはいるかもしれません。
しかし、撮影した写真がリビングなどに飾られれば、夫婦二人とも毎日のように目にすることになるでしょう。
違うものを贈り合うのも良いですが、二人で同じ一つのものを贈り合うという意味での写真はとても素晴らしいとは思いませんか?

 

撮影をイベントに

紙婚式で二人の記念写真を撮影すると、お互いへのプレゼントという結果以外のものも生まれます。
どのスタジオでどんな撮影をしたということ自体が良い思い出として残るはずです。
また、妻は妻、夫は夫でソロショットを相手に見えないように撮影し、後でそれらを贈り合うというのもユニークで楽しそうですね。
しかし、楽しい思い出の残せるスタジオはそう多くはありません。
単色背景を専門とするような写真スタジオで撮影しても綺麗な写真は撮れますが、そこにイベント的な要素を追加したいなら、セットが充実している写真スタジオを選ぶことをおすすめします。
高級感あふれる作り込んだセットの中で撮った写真は、結婚一年目のドキドキやワクワクを思い起こさせてくれる迫力があります。
結婚式の時にはウェディングドレスで立っている普通の写真か撮らなかったという女性も、紙婚式の写真に決まりはありません。
たくさんのドレスから好きなものを選び、素敵なセットの中ではしゃいでいる二人の様子をカメラに納めても良いのです。
スタジオレンブラントの作り込んだセットは、きっと夫婦の素の表情を引き出してくれることでしょう。
せっかくの結婚1年目のお祝いですから、長い結婚生活に勢いが付くような素敵な写真を撮りたいものですね。

日常では絶対に撮れない世界に1枚しか無い素敵なお写真撮りませんか?