七五三の男の子にオススメの衣装・写真撮影 | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

七五三の男の子にオススメの衣装・写真撮影

七五三の男の子にオススメの衣装・写真撮影

七五三の3歳のお祝い

七五三の3歳のお祝い
七五三では男女でお祝いする年が異なり、男の子の場合は3歳と5歳にお祝いをします。

3歳では男女共にお祝いをしますが、これを「髪置の儀(かみおきのぎ)」といいます。

平安時代は乳児期に髪を伸ばすと健康な髪が生えなくなると考えられていたため、3歳までは男女共に髪を伸ばさないで剃り続ける習慣がありました。

そのため七五三の3歳のお祝いは、髪を伸ばし始める事をお祝いする意味があります。

七五三の写真撮影は長時間に及ぶため、小さい体で着物を着続けるのはとても疲れます。

なるべく軽い仕立ての着物やジャケットが望ましいでしょう。

七五三の5歳のお祝い

七五三の5歳のお祝い
初めて袴を着る「袴着の儀(はかまぎのぎ)」で、幼児から子供に成長したことを祝うという意味があります。

和装の場合は、紋付きに羽織袴を着るのが正しい衣装だと言われています。

昔の羽織袴は黒一色でしたが、伝統的な黒は幼い子供には地味ではないかという声もあり、今では黒以外にも、白・青・赤・ピンク・金・銀などの色もあります。

しかし、黒の羽織袴を実際に着せてみると、引き締まってなかなかステキに見えるものです。

その他にも七五三用の衣装はたくさん発売されています。

たくましく育ってほしいという願いを込めて畳表の下駄、白の扇子、守り刀を身に付けることもあります。

一方、燕尾服・スリーピーススーツ・カジュアルスーツなど洋装もおすすめです。

色もオーソドックスな黒・グレーなどから白・ブルー・ピンクなど様々あるので、顔映りの良い衣装を選んでください。

髪型はご本人の希望を聞いて、カッコよくスタイリングすると良いでしょう。

例えばワックスを付けてボリュームを出すなどで、普段ではできない素敵なヘアスタイルにしてあげましょう。

髪型によっては和装・洋装どちらにも似合うようなヘアスタイルもあります。

七五三の写真は和装と洋装どちらも撮ろう

写真撮影
男の子にとっては人生に二度しかない七五三です。

写真撮影の時はご本人の意見も聞いて、喜ぶような衣装を選んであげましょう。

スタジオレンブラントでは基本的に和装と洋装のどちらも着用することができます。

しかし、羽織袴に帽子やサングラスを合わせてオシャレに撮影することもでき、他の写真スタジオとは一味違う記念が残せます。

洋装もモダンでおしゃれなカジュアルジャケットを取り揃えていますので、子ども自身に好きな服装を選ばせてあげても間違いなくカッコイイ写真が撮れますよ。