成人式で振り袖姿をキレイに魅せる写真撮影のポーズ | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

成人式で振り袖姿をキレイに魅せる写真撮影のポーズ

成人式で振り袖姿をキレイに魅せる写真撮影のポーズ

手を添えるポーズでかわいらしく

一生に一度の成人式。
久しぶりに会う友達も多く、たくさん写真を撮ったのに、
どれも変わり映えしない写真ばかりではせっかくの振袖がもったいないです。
そこで、はじめにご紹介するポーズは手を添えるだけの簡単なものです。
まずは両手をちょこんと胸の前に合わせるポーズです。
これは自分で撮る時やアップで撮る時にはおすすめといえます。
肩をはらずにしっかりと肩を落とし、手をしっかり組むのではなく、
指先を合わせるようにしてカメラを見つめましょう。
次に手を頬などの顔まわりに添えるものです。
片手を顔まわりに添え、反対の手は柄が見えるように袖を出すと、
柄がきれいに見え、成人式にふさわしい1枚になるでしょう。
注意したいことは笑顔です。
満面の笑みでも微笑んでいる表情でもどちらでもよいですが、
上目づかいをしすぎるとぶりっこのようにみえるので注意しましょう。
両手を添えると少し幼い印象になりますが、初々しさを出すことができます。
両手を頬に添え、微笑んでみましょう。
手を添えるポーズでかわいらしく

片足を出したり後ろ姿がうつるように

片足を出したり後ろ姿がうつるように
成人式での写真をきれいに魅せるのであれば、片足を出すのもおすすめです。
さらに片手の袖を少し広げると、袖の柄も美しくみえるうえに、
小顔効果やスタイルアップの効果も得られます。
もしも片足をだすことでバランスをとるのが難しいのであれば、
柱や壁に寄り掛かったり、何かにつかまってもよいでしょう。
成人式の振袖姿を写真におさめるのであれば、後ろ姿も重要です。
後ろの帯をメインに、少し振り向きつつも視線ははずし、
帯が主役になるようにとりましょう。
何年もたってみると、帯はどのようなものだったか印象が薄くなります。
その時に帯をメインとしたポーズの写真を撮っておけば、
帯も見え、髪型や髪飾りもうつります。
成人式の日にどんなスタイルで出掛けたのかなど、
鮮明に思い出すことができ、よい思い出の写真になるでしょう。
きれいな写真を撮るためには着崩れないように注意が必要です。
トイレに行く際や車の乗降りなどの着崩れや、食事や手洗いなどの際に汚さないよう、
十分に気を付けましょう。