七五三のお祝いには記念に残る写真がおすすめ | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

七五三のお祝いには記念に残る写真がおすすめ

七五三のお祝いには記念に残る写真がおすすめ

七五三についての基礎知識

七五三についての基礎知識
もともとの起源は室町時代という説がありますが、一般庶民に広がり始めたのは江戸時代から明治にかけてと言われています。
女のお子様は三歳と七歳、男のお子様は三歳と五歳になった年の11月15日に氏神神社(居住している地域の氏神様をお祀りしている神社)に参拝し、これまでの成長を感謝し、これからの成長と無事、幸福を祈るというものです。
七五三のお祝い方法は地域によっても異なるようですが、一般的な流れとしては、まず子どもを連れて氏神神社を訪れ、お参りします。
境内に入ったら、まず手洗い所の水を使い、両手と口をすすいで心を清めてから、お参りしましょう。
神社のご本殿についたら最初に鈴を鳴らして、その後で二拝二拍手一拝を行ない参拝します。
その後は近所の方々へ内祝いをして回ったり、お招きした親族や知人を自宅に招くなどで、お祝いをするのが一般的です。

スタジオ選びのポイント

スタジオ選びのポイント
氏神神社への参拝が終わったら、七五三の写真撮影を行ないます。
納得行く写真を残すために自ら撮影するというご家族がほとんどでしょう。
家族や友人知人で和気あいあいと撮影するのは想い出にもなります。
しかし、ら、七五三の記念に専用のスタジオでも撮影することをおすすめします。
なぜならスタジオのカメラマンはプロフェッショナルで撮影の経験も豊富なので、お子さんをよりかっこよく、可愛く撮影する事を心得ています。
また、写真スタジオにはセットもあるため、質の高い写真を撮ることができます。
スタジオを選ぶときには料金も大切ですが、それ以上に「どのような写真が得意な写真スタジオなのか?」「どのようなセットがあるのか?」「子どものヘア・メイクもプランに入っているのか?」など調べてから依頼しましょう。
お子様にとって幾度とない七五三の記念撮影です。
カメラマンに表情やポーズのアドバイスをしてもらい、本格的なセットで撮影した七五三の記念写真は素敵な記念となるでしょう。