流行りのニューボーンフォトについて | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

ニューボーンフォトが日本でも流行し始めている

ニューボーンフォトが日本でも流行し始めている
ニューボーンフォトとは、生まれてそれほど時間が経過していない赤ちゃんの写真を撮影することです。
海外でも流行っているニューボーンフォトはすでに日本でも一般化しつつあります。
自宅や病院で家族などが撮影することは多くみられますが、写真スタジオで撮影するケースは今まではあまりないことでした。
しかし、新生児の段階できちんとした写真撮影を行うことは思い出づくりとしても魅力があり、誕生を記念する意味でもニューボーンフォトを撮影するケースが増えています。
撮影する具体的な時期は、生まれてから3週間以内の新生児の時期であり、この期間であれば、赤ちゃんが母体の中にいた状態を残しているためだといわれています。
小さな赤ちゃんの撮影ができるスタジオは多くありませんが、スタジオレンブラントであれば赤ちゃんの撮影が可能です。
誕生日は毎年訪れるものですが、誕生は一生に一度しかありません。
ニューボーンフォトによる思い出づくりはいかがでしょうか。

ニューボーンフォトにより特別感溢れる写真を残したい

ニューボーンフォトにより特別感溢れる写真を残したい
最近はスマートフォンやデジカメの普及により以前にも増して写真撮影が容易になりました。
しかし、その分本格的な撮影が行われなくなり、重要な瞬間を最高の写真を使って残す機会が少なくなりつつあります。
生まれて間もない赤ちゃんは本当に可愛らしい顔をしており愛らしい存在です。
あとからやはり撮影したかったと後悔しないためにも、誕生後にニューボーンフォトを撮影しておくべきでしょう。
生まれてそれほど経過していないので、赤ちゃんの体調を重視したうえで撮影することが重要ですが、素敵な思い出になることは間違いありません。
家族みんながかわいい赤ちゃんの写真をたくさん撮影するのに加え、スタジオを利用してプロが撮影する別格の出来栄えの写真を残してみるといいでしょう。