セルフプロデュース時代の写真撮影のポイント | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

セルフプロデュース時代の写真撮影のポイント

HOME > 人生を彩るとっておきの写真を撮ろう > セルフプロデュース時代の写真撮影のポイント

セルフプロデュース時代の写真撮影のポイント

スマートフォンで誰もが気軽に写真を撮影するようになった昨今でも、大切なときの大切な写真にはとことんこだわりたい、という人は少なくありません。
家族全員が揃っての写真撮影は、昔に比べて珍しくなりましたが、家族の絆を確認するには、言葉よりも一枚の写真のほうがずっと雄弁なこともあります。
また、自分をプロデュースするためには写真によるプロフィール紹介が常識となっている今、オーディションでの宣材写真や応募写真撮影にはプロのフォトグラファーのノウハウが欠かせません。
さらには、人生の締めくくりを自分でプロデュースするために、遺影を前撮りする人も増えています。
写真撮影に、ルールや理由は要りません。
その一瞬は、一枚の写真に残すことで、永遠の一枚として輝き続けるのです。

マタニティ写真を撮るポイント

一生のうちの限られた期間に撮影する、マタニティフォト。自分がおばあちゃんになった時に見返して一番幸せを感じていた時の状況を、奇麗な写真で残しておきたいと思うのは自然なことです。続きはこちらから

家族写真を撮るポイント

家族が全員そろった写真は思い出に残るので、定期的に撮影すると良いでしょう。ただ気を付けるべきポイントもいくつかあり、服装やスタジオ(カメラマン)も念入りに選びましょう。続きはこちらから

遺影用写真の前撮りする際のポイント

遺影は亡くなってから家族が写真を選びますが、本人の好みと遺族の選ぶ写真が同じものとは限りません。元気なうちにプロのカメラマンに納得できる遺影を撮ってもらうことをおススメします。続きはこちらから

インパクトのある宣材写真で注目を集める

芸能事務所などで活用される宣材写真は、写っているその人が商品として価値のある存在だと認識させることが大切です。宣材写真の良し悪しは仕事が取れるか否かに非常に密接にかかわってきます。続きはこちらから

オーディション応募写真のポイント

芸能事務所のオーディションに応募するためには、オーディション写真が必要です。基本的なポイントの他に事務所ごとの特徴をよく研究して、審査員の目に留まる写真を撮りましょう。続きはこちらから

CDジャケットにはこだわりの写真を使おう

CDジャケットはある種の芸術作品とも言えるでしょう。アーティストが有名であればあるほどこだわりを持って撮影されていることからも、CDジャケットの大切さが伺い知れます。続きはこちらから

SNSのプロフィール写真をキレイに撮影するポイント

SNSのプロフィール写真は自撮りで完結させる人が大多数ですが、プロの手によって撮影された写真ははっとするほど美しく仕上がります。自撮りでは満足できない人はぜひプロにお任せください。続きはこちらから

一番人気の矢絣と袴で記念撮影

江戸時代では、結婚の際に矢絣柄の着物を持たせると戻ってこないと言われており、縁起をかつぐ柄です。小学生から中学生になる節目ですし、新しい旅立ちに矢絣柄はぴったりです。続きはこちらから