*洋服の違いが写真写りに影響を与える* | 京都のおしゃれな写真館【スタジオレンブラント】

HOME > BLOGブログ > くらしに役立つ情報 > *洋服の違いが写真写りに影響を与える*

*洋服の違いが写真写りに影響を与える*

本日は、写真写りに関することで、皆様に共有をさせていただきます☆
タイトルにもあるように、写真写りは洋服のちょっとした違いで写りが変わってくることがあります♪

写真を撮影する時には、
顔周りを明るくすることが良い写真を撮るポイントになります。

撮影をする時には、レフ板という光を反射させて
被写体を綺麗に写し出す道具を使います。

洋服はプロフィール撮影の場合、写真全体の印象を決めるポイントになりますので、目指したい雰囲気に合わせて衣装選びをすることをオススメします。

顔が華やかに映るため、いきいきとした写真を撮りたい時には、
明るめの洋服を着るのがおすすめです。

暗い色の服を着る時は、
明るい色のストールを巻いたりするなど
顔周りを明るくする工夫をすると、洋服の影響を受けずに撮影できます。

逆に、男性は暗めの服で、思いっきりかっこよく撮影することもあります。

また、洋服は首が詰まったデザインよりも、
首元はすっきりとあいている方が、全体のスタイル良く見えるので、
洋服でスタイルアップをしたい時は、
首元の開いている物を選ぶようにします。

普段から何となく写真写りに不満を感じている人は、
撮影時のファッションを変えてみると、
今までとは、ひと味違った写真が撮影できるかもしれません。

良い写真を撮ろうとして極度に緊張してしまうと、
反対に写りが悪くなってしまうので、
写真を撮り慣れておくことも、自然で素敵な写真が撮影できるコツです☆

+---------------------------------------------+

★☆★Facebookページで撮影お写真など更新中★☆★
https://www.facebook.com/rembrantjp/

スタジオ レンブラント

〒604-0043
京都市中京区御池通西洞院西入る石橋町429
アクセス→ https://rembrant.jp/access/

TEL 075-213-0600
FAX 075-211-3309

ホームページ
https://rembrant.jp/

メール
info@rembrant.jp

+---------------------------------------------+