HOME > BLOGブログ

2015年06月11日

写真写りのコツは頭の位置の調整?!

できるだけきれいに、また実物に近いように
写真が撮影されていればよいのですが、
現実にはなかなか思うようにいかないことが多いものです。

どうしたら写真写りを良くできるのかとお悩みの方に、
誰もがすぐに実践できる簡単な方法があります。

男女それぞれにコツがあり、年齢を問わずすぐに実行できるため、
特別な練習などは必要ありません。

その方法とは、

【男性】頭を後ろ目にすること

【女性】頭を前寄りにすること

です!

こうするだけで、それぞれ写真写りが格段に良くなります。

また男女ともに正面から映るよりも斜め向きになった方が
写真写りが良くなります。

写真を撮影する際に、こんなコツを実践することで
格段に写真写りが良くなります。

ちょっとした頭の位置を調整したり、体の向きを気にすることで
写真写りが大きく違ってきます。

年齢を問わず実践できる方法ですので、
ぜひ自分に最適な頭の角度や体の向きを研究して
自分自身のベストポジションを見つけてみてください。

2015年06月09日

アイドルのように写真を撮影するには?

アイドルのように写真を撮影するには、それなりのコツがあります。

まず、自分のチャームポイントを知り、どんな表情をすれば
自分が最も魅力的に見えるかを研究しておきましょう。

たとえば、目が大きい人は目を大きく見開く、
歯並びがきれいな人は笑顔を強調してみるなどです。

逆に歯並びに自信がない人は、
口を閉じたまま口角を上げるなどしてみましょう。

このようにひと工夫するだけで、ずいぶん雰囲気は違ってきます。

撮影される事に慣れるのも大切です。

慣れていない人は、カメラを向けられると緊張して身構えてしまったり、顔がこわばってしまったりしまいがちです。

普段から数をこなして、撮られることに慣れておきましょう。

ファッションも重要なポイントで、特に色は大切です。

自分の肌に合う色を着ると、顔色が良く見えます。

またアイドルと言えば、決めポーズです。

雑誌などでアイドルがどのようなポーズを取っているのかを
調べてみると参考になるものがたくさんあります。

特に手の使い方に注目です。

上目遣いで口元に両手を添えたり、
両手をグーにして顔に近づけたり、
可愛く見えるポーズがたくさんあります。

2015年06月07日

お天気に左右されない、スタジオで撮影が便利です!

ロケ撮影のデメリットは時間との闘いになります。

なぜなら、ライティングの光源である太陽が刻々と移動して、
光が差してくる方向が変わってゆくからです。

しかも突然、雲という自然のディフューザーがかかったり、
雨がふったりと気まぐれな自然を相手にしなければなりません。

ですから、ロケ撮影では季節と時間による太陽の位置を確認するための
ロケハンが必要になるばかりか、当日が撮影に適した天候でなければ
中止となってしまいます。

その点スタジオ撮影ではロケハンをする必要がないので
出費も少なくて済み、天候や時間も気にする必要はありません。

結果的に思いのままにライティング技術を駆使して、
モデルさんのような撮影方法になるので
いつもとは違う一段上の撮影結果が出る事が多いのです。

スタジオ撮影を利用する事はこのように、
いろんな面でメリットがあります。

2015年06月05日

カメラに向かう時は、カメラの少し上を見ましょう!

女子会などの定番といえば、
スマホ片手に隣の友人とまたはみんなで記念撮影ですよね。

その写真はSNSでたくさんの人が目にするものです。

少しでも可愛く写りたいと思うのが女心ですよね。

写真写りが悪くて悩んでいる方も、
ちょっとしたコツをつかむだけで可愛く写ることが出来ますよ!

●まずは目線です。
カメラのレンズのほんの少し上を見てください。
その時に注意するのは、上目づかいになり過ぎないことです。
せっかくの上目づかいが三白眼で睨んでいるようになってしまったら もったいないですよね。

●次に顎を引いてください。
引きすぎて二重あごにならないよう気をつけましょう。
あとはシャッタータイミングに合わせてにっこりと笑って

●目を最大限に大きく見せてください。
人間は瞬きをして開けた瞬間に
目の開いている面積が最大になるのです。
そのタイミングを合わせることができたら完璧です。

顔のポジションを整えたら瞬きのタイミングを合わせて
カメラのレンズのほんの少し上を潤んだ瞳で見れば完璧です!

ぜひスマホで練習してみてください。

2015年06月03日

最近、Facebookのプロフィール写真を撮る人が増えています

当スタジオでは
最近Facebookのプロフィール用写真の撮影依頼が増えてきました。

Facebookにおけるプロフィール写真の重要性は
皆様もお気付きのとおりです。

Facebookは単に友人同士が連絡を取り合う場ではなく、
本来なら出会うチャンスのない人とも
つながる機会を演出してくれるツールとなりつつあります。

そんな出会いの場では第一印象が大事です!

自分自身をより魅力的に演出してくれる
プロフィール写真の撮影をプロに依頼する人は増加傾向にあります。

アイキャッチのあるプロフィール写真でフェイスブックがより楽しく充実したものになること間違いなしです!

プロフィール写真は自分自身の顔写真以外には
ペットなどの写真を使用している人もいます。

服などの自由度が高いため、個性を発揮することもできます。

また信頼できる人柄に見せる、明るく快活なイメージを与える撮り方をするなど
さまざまな撮影上の演出が可能です。

2015年06月01日

スタジオ撮影ではライティングが自由自在です!

写真を撮影する時のライティング(光)とは、
いわゆる照明やライトと呼ばれるものです。

ご自宅のデジカメでも、
暗い場所で撮影しようとするとフラッシュが光ると思います。

暗いままでは写真に写らないので、
写したいものに光を当て明るくして撮影するわけです。

デジカメではオンかオフかの選択程度しかできませんが、
スタジオ撮影ではライティングが自由自在になります。

野外や機材の無い環境では不可能ですが、
スタジオだと
「この角度から当てたい」
「このくらいの強さの光にしたい」
といった設定が可能になるのです。

ライティングにこだわると、
写真のイメージは全く別格に生まれ変わります。

取りたいイメージがあるとき、スタジオ撮影であれば
そのイメージに合わせてライティングを変更でき、最高の環境で撮影することが出来ます。

上手く光を取り入れることで若く見せることも、シャープに見せることも
ライティングを調整できるスタジオ撮影ならではの手法です。

距離が近くで撮れるのでゆがみが少なく完成度の高い写真に仕上がるのも
スタジオ撮影のメリットと言です。

2015年05月30日

集合写真を撮る際の心得!

結婚式や同窓会、クラス写真など
集合写真を撮る機会は多いものですが、
写真撮影の際にできるだけきれいに写りたいと思う方は多いです。

そのため、自分の思ってる以上に体形が悪く写っていたときに
ガッカリしてしまう方も多いのです。

集合写真を撮る際にきれいに写るためには
いくつかの心得がありますのでご紹介させていただきます!

●体形を良く見せたいのなら、
他の位置と比較してセンターはスリムに見えるため、
写真撮影の際にセンターの位置を選ばれると良いでしょう。

●座り撮りなら脚を斜めに流して座ると、
脚のラインをきれいに見せることができます。

●どんな撮り方の場合でも腕は体につけないようにしましょう。
太って見えてしまうので、ぜひ覚えておいてください。

出来上がってきた集合写真を見てガッカリしてしまわないように
撮影する前にきれいに写るポイントをきちんとチェックして、
集合写真の撮影の際にご活用下さい!

2015年05月28日

大好きなものを想像しながら撮影しよう

普段スマートフォンなどで気軽に写真をとる事には慣れているけれど、
写真館などで正式に記念写真を撮られる
という経験に慣れていない方が多いと思います。。

写真を撮る時構えてしまうというのは、
誰もが経験することです。

カメラマンに自然に笑ってくださいと言われても、
緊張するあまり自然な笑顔とは言えないような
口は笑っていても目が笑っていないなど、
不自然な表情になることもありますよね。

そんな時におすすめなのが、
自然に笑えるように好きなものを想像するという方法です。

プロのモデルなら別ですが、一般の人にとって
自然に笑うということはなかなか難しいものです。

そんな時に、自分が好きなものを頭に描けば、
気持ちにも余裕ができて、自然な微笑みができるようになります。

自分の目の前に大好きなアーティストがいることを想像したりするのも、自然な微笑みの笑顔になるためにはとても効果的です。

2015年05月24日

目を大きく見せるための意外な練習法

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

ぱっちりと開いた大きな目は溌剌として魅力的です。

実は、目というものは練習すれば
ある程度は大きくみせることができます。

伏し目がちにしたり目を細めたりすると、目は小さく見えます。

これは、目がまぶたによって隠されているために
小さく見えているわけです。

つまり、逆に言えば、目を大きく見せたい場合には
まぶたをしっかり開くことを心がければ良いわけです。

とは言っても常に不自然に目を見開いていては
大きな目には見えても魅力的な目とは言えません。

魅力的に大きく見せるには、
あくまで自然に目を大きめに開けている必要があります。

瞼も力を入れて持ち上げる練習を重ねると、
「このくらい開いているのが普通」と言うように
体が覚え直して自然に大きめに開いていることができるようになります。

また、せっかく大きく見えても
一点を凝視して動かなければはつらつとした印象にはなりません。

目を動かす練習をして上下に動かす筋肉を鍛えると
目が動きやすくなり、より溌剌とした印象になります。

美は1日にしてならず。
ぜひ、日頃から意識なさってみてください。

最高の演出技術を誇るスタジオで、
こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ
https://rembrant.jp/

2015年05月22日

10歳若く見える写真の写り方とは?

こんにちは。京都の豪華写真館、スタジオレンブラントです。

写真に撮られるときは少しでも若く美しくうつりたいものですね。

写りが悪くて実年齢より老けてみえるから写真が苦手という方は、
いくつかのポイントをおさえることで、
見違えるようにきれいに若々しく写ることができます。

●写真を撮る場所に気をくばりましょう。

若々しくみせるには写真に光を多く取り入れることがコツになります。

光は年齢を感じさせるほうれい線やしわなどを飛ばしてくれますので、
年齢より若く見える効果が期待できます。

窓から優しく太陽光が差し込む場所で、
逆光にならないように撮影してみましょう。

●写真を撮るときの姿勢に気をつけてみましょう。

正面から映らないことがポイントになります。

カメラ側の肩と足を45度を目安に前に出すようにすると、
肩幅がほっそりしてすっきりとスリムに美しく写ることができます。

また手や小物を使って軽く添えて顔を隠すと
小顔にうつる効果が期待できます。

一番手軽にできるのが 頬に軽く手を添えたポーズです。
ぜひお試し下さい。

最高の演出技術を誇るスタジオで、
こだわりの一枚を撮影するならスタジオレンブラントへ
https://rembrant.jp/