結婚記念日には毎年記念写真を

結婚記念日には毎年記念写真を

何年も経つと薄れてしまう結婚記念日

何年も経つと薄れてしまう結婚記念日

結婚した当初は、毎年、結婚記念日にお祝いをしたり、おしゃれなレストランでディナーをする夫婦が多いようですが、何年も経つと結婚記念日自体を忘れてしまったり、子どもが増えると、それどころじゃない、という夫婦が増えていきます。
しかし、結婚記念日はお互いに感謝し合う大切な日です。
結婚記念日にデートや外食をする時間がないという夫婦でも、記念写真を毎年撮影する、と決めてみてはいかがでしょうか?
一年、一年、表情や雰囲気も変わりますし、子どもの成長も写真に残しておくことができます。

結婚記念日の写真撮影は夫婦円満の秘訣

結婚記念日には、夫婦ふたりだけの写真撮影と、家族みんなでの写真撮影の両方撮ることをおすすめします。
結婚当初は仲良しでラブラブ、喧嘩が多い時期、妊娠時期、子育てを一緒に頑張った時期、子どもが増えていく様子、など、お互いがどんな風に一緒に歩んできたかを写真に残すことで、良い思い出として振り返ることができるでしょう。
お互い、前だけを見続けるのではなく、結婚記念日には振り返って感謝をしあうことも大切です。
毎日喧嘩ばかりで、相手を嫌だと感じてしまうこともあるかもしれません。
しかし、結婚記念日だけは一時休戦で、写真館で家族写真を撮るようにすると、何年も経ってから、喧嘩していたことすら懐かしくなるでしょう。
子どもができると夫婦ではなく、子どもが中心の生活になるので、夫婦ふたりだけのためにお祝いしたり何か特別なことをしたりするという機会が減ってしまいます。
子どもができても、結婚記念日には家族で写真撮影をして、ふたりの記念日を家族に祝ってもらいましょう。
結婚記念日の写真撮影は、夫婦円満の秘訣でもあり、家族みんなの思い出にもなります。
写真の良いところは、何度も楽しめることです。
結婚記念日に家族で見返してみるのも良いし、小さめのサイズのものを部屋に飾っていってもいいかもしれません。
プロのカメラマンに撮影してもらうことはなかなかないので、最初は緊張もしますし、照れると思いますが、それも良い思い出になるはずです。
日頃の感謝の気持ちと、これからもよろしくお願いします、という気持ちを込めて、結婚記念日には写真撮影をしましょう。
結婚記念日の写真撮影は夫婦円満の秘訣